宇宙兄弟 7/10,000,000の奇跡 BIFINA SAMPLING CAMPAIGN Presented by MORISHITA JINTAN

22K カプセルに入ったビフィズス金 菌じゃない!? 当たる!! SAMPLING CAMPAIGN 応募受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

人は誕生と共にビフィズス菌を星の数ほど保有してますが、
年月の経過と共にそのほとんどを失います。

ですので、食物と共にビフィズス菌の摂取を試みますが、
ビフィズス菌は強い酸性を示す
人工胃液の中で生き残る確率は、
わずか0.00007%以下で、
ほとんどが死滅してしまいます。
まるで、大気圏を抜けて地上に届く隕石ほど、
とても低い確率です。

そこで「ビフィーナ®」の製品化にあたり、
森下仁丹はビフィズス菌を胃酸から守り、
腸まで届ける耐酸性の
「ハイパープロテクトカプセル®」の開発に成功。
「ビフィーナ®」のカプセル入りの
ビフィズス菌の人工胃液中での生存率は、
なんと約90%に達することが確認されました。

  • ムッちゃん
  • ああ もちろん
  • じゃあさ、そのビフィズス菌は
  • ああ もちろん
  • ……本当か?では、私が毎朝必ず食べていた あれは何だったのか?
  • 0.00007% 地上に落ちてくる
  • でもビフィーナのカプセルだったら
  • ということは…1億個入りだと
  • ビフィズス菌のことって知ってる?
  • 腸内環境を整えて便通を改善する機能があることくらい知ってるよ
  • 人工的に作った胃液の中では生存率約0.00007%ってことももちろん知ってるよね?
  • 隕石くらい少ないんじゃないかな?
  • ほとんど届いていない
  • 90%届くんだって
  • 約90億個も腸に届くのか…
おなかの調子を整えたい方に 機能性表示食品

【届出表示】
本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれます。
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、
便通を改善する機能があることが報告されています。

独自のカプセル技術でビフィズス菌を生きたまま腸へ

ビフィズス菌はpH1.2という強い酸性を示す人工胃液の中で生き残る確率は、わずか0.00007%以下で、ほとんどが死滅してしまいます。
そこで「ビフィーナ®」の製品化にあたり、森下仁丹はビフィズス菌(ロンガム種BB536)を胃酸から守り、腸まで届ける耐酸性の3層構造の「ダブルプロテクトカプセル」を10年の歳月をかけて開発。さらに研究を続け、「ハイパープロテクトカプセル®」の開発に成功。「ビフィーナ®」のカプセル入りのビフィズス菌(ロンガム種BB536)の人工胃液中での生存率は、なんと約90%に達することが確認されました。

※ビフィズス菌は当社カプセルの原料である
Bifidobacterium longum BB536株を使用
★ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、
2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格
「ビフィズス菌」の定量法により測定し、
生存率を算出(仁丹バイオファーマー研究所調べ)

ハイパープロテクトカプセル®を知る

もっと詳しく知る 今すぐ購入する
©小山宙哉/講談社 月に帰る
抽選で10,000名様「ビフィーナSスーパー」を無料体験 ビフィーナS ビフィーナS ビフィーナS 2018年9月27日まで 応募受付は2018年9月27日(木)をもって終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。 さらに応募の中から抽選で1名様に「ビフィズス金K22」をプレゼント カプセルに入った「ビフィズス金」だよ ・・・・・・ ビフィズス金 22K カプセルに入ったビフィズス金 菌じゃない!? 当たる!!